CATEGORY

公演ダイジェスト

  • 2019年4月22日

過去の公演ダイジェスト : 「みちかける(愛知公演)」(2006年05月)

第6回 愛知県芸術劇場演劇フェスティバル グランプリ賞受賞作品。 嵐の夜に、父のお葬式。喪主をつとめる姉と、二人の弟の前に現れた一人の女。ざわざわ、ざわざわ。胸騒ぎ。 姉の秘密は、弟の秘密。ざわざわ、ざわざわ・・・。 作:門 肇演出:秋葉 正子出演:最上 桂子、久堂 秀明、保倉 大朔(アンクルジャム)、福岡 佑美子、河嶋 政規(こちらKGB)、環 ゆら(ケイ・エス・プロモーション)、田中 伸一(開 […]

  • 2019年4月21日

過去の公演ダイジェスト : 「SOLITUDE」(2008年11月)

「……なあ、俺はこう思うんだ。この世は、その始まりから終わりにかけて、 予め一つの書物のように、連続して記されているんじゃないかってね。 そして稀に、それを盗み見ることの出来る人間がいる。 未来を言い当てたり、知る筈のない遠い過去を思い出したり、 そういうことだ」 SPIRAL MOON初のハードボイルドな作風のなか、ひとつひとつ明らかになっていく人間の真実。 作:乾 緑郎 演出:秋葉 舞滝子 公 […]

  • 2019年4月20日

過去の公演ダイジェスト : 「サクラソウ」(2006年12月)

「・・・さくらの、・・木・・?」「・・・そう、桜の木。」「こんな小さな苗木でも咲くの?」「たぶん。春になれば。」「ふーん。」「サクラソウ・・」「えっ?」「・・って言うんだって。サクラソウ・・・」「さくら、そう・・・」 作:長堀 博士(RAKUENOH+)、演出:秋葉 舞滝子。 公演期間:2006/12/06(水) ~ 2006/12/10(日) 出演:最上 桂子、齋木 亨子、野村 貴浩(劇団め組) […]

  • 2019年4月20日

過去の公演ダイジェスト : 「みちかける(東京公演)」(2006年08月)

第6回 愛知県芸術劇場演劇フェスティバル グランプリ賞受賞作品。 嵐の夜に、父のお葬式。喪主をつとめる姉と、二人の弟の前に現れた一人の女。ざわざわ、ざわざわ。胸騒ぎ。 姉の秘密は、弟の秘密。ざわざわ、ざわざわ・・・。 作:門 肇演出:秋葉 正子出演:最上 桂子、久堂 秀明、保倉 大朔(アンクルジャム)、福岡 佑美子、河嶋 政規(こちらKGB)、環 ゆら(ケイ・エス・プロモーション)、田中 伸一(開 […]

  • 2019年4月10日

過去の公演ダイジェスト : 「おんわたし(月組)」(2007年07月)

恩わたし。 それは、人から受けた恩を、その人に返さずに、隣の人に渡すこと。 とある夏の午後に、海辺に流れ着いたコカコーラの空瓶。中には10年前の手紙が入っていた。 これは、ここよりも1日がほんの少し長い 小さな島でつないだ心のタスキの物語。 脚本:門 肇 演出 :秋葉 正子 公演期間:2007/07/20(金) ~ 2007/07/29(日) 出演:神戸 誠治、河嶋 政規(プロペラ☆サーカス)、秋 […]

  • 2019年4月9日

過去の公演ダイジェスト : 「みちかける」東京公演(2006年08月)

第6回 愛知県芸術劇場演劇フェスティバル グランプリ賞受賞作品、東京初演 嵐の夜に、父のお葬式。 喪主をつとめる姉と、二人の弟の前に現れた一人の女。 ざわざわ、ざわざわ。胸騒ぎ。 姉の秘密は、弟の秘密。 ざわざわ、ざわざわ・・・。 作:門 肇 演出:秋葉正子 出演:最上 桂子、久堂 秀明、保倉 大朔(アンクルジャム)、福岡 佑美子、河嶋 政規(こちらKGB)、環 ゆら(ケイ・エス・プロモーション) […]

  • 2019年4月3日

過去の公演ダイジェスト : 「LUXOR」(2009年06月)

昏睡状態の人間に機械を通じてコミュニケーションが取れるようになった近未来。 眠り続ける弟と漫画家の姉、弟にアクセスを試みる一人の女。 ヴァーチャルワールドでゆらめく存在が現実との境界を浸食していく。 第18回公演で旗揚げ以来のコンビを組んだ秋葉舞滝子と乾緑郎が再びお送りする、ハードボイルドSF。 作:乾 緑郎演出:秋葉 舞滝子公演期間:2009/06/17(水) ~ 2009/06/21(日)出演 […]

  • 2019年4月2日

過去の公演ダイジェスト : 「夜のジオラマ」(2010年11月)

2006年の愛知県芸術劇場演劇フェスティバルで、グランプリを争ったSPIRAL MOONと劇団ジャブジャブサーキット。2007年にジャブジャブサーキットのはせひろいち氏の書き下ろし新作として登場した作品が、熱い要望に応えて今、再び。 磁気嵐、死に至る伝染病、時代遅れのアンドロイド。 何かを得るために失われること。その手から離れていってしまうもの。 これは信念を貫くために孤独な戦いを選んだひとつの家 […]

  • 2019年3月27日

過去の公演ダイジェスト : 「夜のジオラマ」(2007年11月)

2019年から見たら、2007年はどんな年だっただろうか。2037年から見たら、2007年はどんな年だっただろうか。 3つの時代、母、姉、弟のそれぞれの今。 ジャーナリストである母は、仕事を全うするために離婚、 二人の子供のうち弟を引き取る。 弟は幼いながら母を思いやり、気丈に振舞う。 父に引き取られることを選んだ姉。 それは母を身軽にするためだったのかもしれない。 何かのため、誰かのため、人は選 […]

  • 2019年3月26日

過去の公演ダイジェスト : 「日射し」(2008年6月)

私達の実家は裏や隣の家屋に恵まれて、いつも日が当たる『家』だった。でも常に日射しがあるってことはいつだって…、どっかに影を作っていたんだ… 下町のこじんまりとした一軒家。 父の誕生日に久しぶりに実家に戻って顔をそろえる三姉妹。 しかし父の姿はなく、留守番を頼まれたという、見知らぬ二人が三姉妹を迎える。 父の行方を尋ねるうちに姉妹は、父の思い、そして自分たちの思いに向き合っていくことになる….。 作 […]

>「夜のジオラマ」the 40th session

「夜のジオラマ」the 40th session

2019/6/12-6/16 下北沢「劇」小劇場