どもども。WEB制作・小野坂 貴之です。

今日は私の戦場を紹介したく、「夜のジオラマ」まわた日記に初参戦しようと思いまして。

私の戦場は自宅のデスク

私の戦場は自宅のデスク。雑然と、いろんなものに囲まれている。

横のソファーには、四十路半ばのおっさんとは思えぬほどのぬいぐるみがいる。デスクのすぐ隣のアルパカは、十年くらい前に上京した母がUFOキャッチャーで獲った。いや、捨てないでしょう。

写真ではよく見えないが、三十路になったばかりの頃に誕生日でもらったトミカのミニカーもそばにいる。ほんと、捨てられませんよね。

いろんな貰い物に囲まれた私のデスク。相棒のMacと共に、日々ここで作業に没頭するわけだ。(28インチの大画面モニターは今年に入って衝動買い。だって見やすそうだったから。ええ抜群です!)

さて、その戦場にも潤いを。

私は作業中、よく音楽を聴いている。それはPrime Musicであったり、Youtubeであったり。なんとなくジャンルを選んだらあとはかけっぱなし。

先日、作業に没頭しながら流れている音楽を聴いているとき、衝撃のハーモニーと出会うこととなった。

力強いし美しいし、なにより暖かく心地よい。そして、彼ら四人のハーモニー、耳をすますとなにか語りかけてくるように聴こえませんか?英語はさっぱりわからないのだけれど、作業の手を止め、うるうる泣いた。

今日、久々に「夜のジオラマ」の稽古場へ。ここはいつもと変わらない「戦場」で、演出も出演者も戦っている。一歩でも前へ、少しでも高みへと戦っているのだ。

自宅作業も残っていたので、一足先に私は私の戦場へ。

「来月になれば、きっとここからもハーモニーが聴こえてくる」と、帰りの電車で独り言ちた。


キャストのプロフィールやインタビュー動画など情報満載の「夜のジオラマ」特設ページはこちら!

>『物語のあるところ』

『物語のあるところ』

2020年11月10日(火)〜15日(日)下北沢「劇」小劇場