「物語のあるところ」全キャストより『劇場に来てね』キャンペーン動画がアップされています!
SPIRAL MOON「物語のあるところ」特設ページの出演者紹介コーナーをご覧くださいませ!

https://spiralmoon.jp

どうも!
劇団青企画所属の青瀬博樹です!

劇場に入って驚きました!
コロナウィルス対策がすごく徹底されています!

スタッフ、演者、劇場…皆でコロナ対策も頑張っております!
ぜひ、安心してご観劇頂けたらと思います!

(あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、本当はもっと色々書きたかったのにクタクタで書く元気が無いのは内緒にしとこう…)

………げ、劇場でお会いしましょう!

こんにちは!加藤です。

以前より気になっていた「劇」小劇場の隣にある「こはぜ珈琲」さんに来ております。
写真は一度飲んでみたかった、こはぜ珈琲さんのクラフトコーラ。

なんだか、とても懐かしい味が。
よく混ぜて飲むそうです。
ピザサンドも絶品でした。

さて、劇場に戻り、今日の初日に向け、パンフレットを折り折りします。
ご来場、お待ちしています!

数年前まで舞台装置担当だった星です。
「今回は朗読劇なので、舞台は何にもしません。」と秋葉さんは言ってました。
「舞台ツラに幕を吊るだけです。」と直後に言われた時は、何にもしてなくないぢゃん って思いましたが、まあ そこはスルーして…コロナ対策ですしね。トランポ(要するにトラック運転手ですかね?)も担当している僕は、数日前から何を持っていくのか伝えられます。
「あ、鳥籠も全部持っていきます。」
………トリカゴ?…「何もしないって…。」
「この本、全部持っていきます。」
………あれ?話変わってない?「何もしない」って…
そうなんです、そんなはずないんです。お芝居と同じ!台詞をそのままの意味でとっちゃダメ!「何もしない。」は本当に何もしないわけではない。そこには何かある!
…と言う訳で…
スパイラルの「何もしてない舞台」素敵ですよ。
観に来てください。

こんにちは、石井悦子です。

ついに今日、下北沢劇小劇場に入りました。

徹底した手洗いうがい、そして感染回避のアレコレと共に頑張ってきた1ヶ月ちょっとでした。

感染予防、慣れないリーディング表現、3つの役との闘い…

いやぁ…しんどかった。

キツかった。

今はとにかく、

自分を信じて、

全てを信じて、

千秋楽までを走り抜けます。

たくさんのお客様と、劇場でお会い出来ます様に……

こんにちは!渡辺 常日頃です。
本日、小屋入りしました!
仕込みの合間に、書いてます。別にサボってるわけではありませんよ〜〜

さて、スパイラルムーンの公演は毎回面白い演出があります。その一部をご紹介!!

これは何?何の為に作られたの?
どんな人にどんな使われ方をしてるんだろ?

想像すると、そこにはひとつの物語が出来上がってきます。自分だけの物語。

何処に飾ってあるか探してみて下さい!

小磯一斉です。

小屋入りしました。

この空の舞台がどうなるのかは、お越しになってからのお楽しみということで。

どの作品も面白く仕上がってます。
今日も美味しいお酒が飲めそうです。

皆様のご来場お待ちしております!

小磯一斉

新貝紋加(しんがいあやか)です。

ブログは3回目になりましたが、今回はなんせ出演者が多いので、なかなか覚えられないですよね!是非、覚えてください!笑

近頃は
1日の半分を稽古場で
1日の半分を家で過ごす

というなんとも贅沢な日々を送っております。

SPIRAL MOONさんは初参加でして、お芝居に関してものっっすごく厳しいとお聞きしていたので
とってもドキドキしながらの「はじめまして…こんにちは!」だったのですが、

厳しい、というか、お芝居に曖昧とか妥協とかを許さない・なさらないだけであって、
それはそれは丁寧に心を砕いてくださいます。役者を信じてくれているというか…

正解を言ってしまうのは、とても簡単だけど、気付くのを待ってくださるというか…
各々の心の動き、そして解釈、考え方を尊重してくださった上で、違和感を指摘し、助言をし、方向性を示してくださるので

だから、あの、誰とは言わないですけど、
SPIRAL MOONの主宰の方には本当に頭が上がらないんです。感謝感謝。にゃむにゃむ。

って、ん!
なんか、激烈な超絶若手が
書くような内容になってる!笑

んーーーーーー

んーーーーー?

まっ、いっか!笑
(うぉい!)

さて、昨日は最終稽古でした。

いつもそうですが、昨日も、
共演者の先輩方も稽古を見てくださり、

「ここはこうなのかい?」
「こうしてみてもいいんじゃない?」など
神の言葉を授けてくださるので、
(勿論、演出家を飛び越えることはなく)

大変有難くって、
よっしゃあ!!
まだまだやれるぞー!
やってやるどー!!!
と燃えます。

すぐに燃えます。
かちっ、ぶおおおおお(強火)な
ガスコンロタイプです。
燃えやすいタチなんですねぇ〜。

……って、うわぁぁ、
なんか本当にどうしようもないことばっかり書いてるけど…大丈夫か…私…

と、私はどうしようもないんですけど、
共演者の皆さんはとんでもなく屈強な方ばかりなので、皆さん、安心して劇場にお越しくださいませね!

昨日の稽古も、笑いすぎて肋骨が折れるかと思った。(そんなことはない)

感染者対策もすごくすごく徹底しております。詳しくはホームページをご覧ください!
(おい!不親切!)

このブログを読んでらっしゃるなら、ホームページにはすぐ辿り着けるはず!!というか、あなたはもう辿り着いている!!!

さてっ!!!!
私は、この世で一番、人が笑顔になるものを知っています!

それは、子どもの全力笑顔です!!!
って言いながら、顔を隠して載せる無礼をお許しくださいーーーm(__)m

事務所の方針ならぬ、家庭の方針。笑

でもきっと、癒しのパワーが
こぼれ落ちているはず!

そして、子どもだけじゃなく
誰の笑顔でも、人を救ったり助けたりすることはできると思い

私も人を笑わせたいな、笑ってもらいたいなと思いながら、これにて締めとさせて頂きます…

物語のあるところ
いよいよ10日(火)からスタート!!!

どうも、吉田憲章です。
河嶋さんも書かれてましたが、「あなたのモテポイントはどこなの?」と聞かれた1人です。
全く思い浮かばず、苦し紛れに「スタイルです」と答えました。
周りの兄さん達に「朗読劇なのに?」と指摘され、絶句…。
自分の武器はしっかり把握して、恥ずかしがらず躊躇わず、キッパリ言えるようになりたいっす。

それでは、劇場でお待ち致しております!

もうすぐ本番。
こんにちは!豊田真弓です。

この前の稽古で、演出の秋葉さんが、
古谷徹さん(ご存知、あの声優さんです)のありがた~いお言葉を、教えてくれました。

“攻撃を相手に届かせる為には、その言葉の語尾を上げること!”

成る程…攻撃ね…頭の中にいくつか台詞が浮かびます。
古谷徹さんは、ガンダムでの『撃て』を例にお話なさったようで。

『撃て』は確かに 撃\て だけど、
撃\てーーー! って言っても弾が失速しそう。

撃/て って聞くと変だけど、
撃/てーーー! は妙にしっくりくる。
すごいな。納得です。

因みに、『撃て』という例を聞く前に、私の頭に浮かんだ言葉は、

『ロケットパーンチ!』、『ブレストファイヤー!』、『デビ~~~ル!』 です。

『世代』という言葉が頭に浮かびました。

世代ついでに、もうひとつ、好きなアニメをば。

写真は、家人が買ってくれたTシャツたち。
そう、ど根性ガエル。
大大大好きなのです!

にしても、最後の1枚は………なぜそれを買った❗️ (;゜゜)

>『物語のあるところ』

『物語のあるところ』

2020年11月10日(火)〜15日(日)下北沢「劇」小劇場