「夜のジオラマ」| 40th session

本公演は終演いたしました。ご来場いただき誠にありがとうございます。

もしかしたらただ「時間」だけが彼女を救えるかも知れない。
という希望的観測。
地球までは、救えないけど。

磁気嵐、死に至る伝染病、時代遅れのアンドロイド。
何かを得るために失われること。その手から離れていってしまうもの。
これは、信念を貫くために孤独な戦いを選んだひとつの家族の物語です。

脚本

はせ ひろいち(劇団ジャブジャブサーキット)

演出

秋葉 舞滝子

出演

野村 貴浩(劇団め組)
河嶋 政規(Propeller☆Circus)
塩見 陽子
鹿島 裕介(スカイアイ・プロデュース)
印田 彩希子
佐々木 一樹(m-gate)
鈴木 裕斗(アミュレート)
畑崎 円
島袋 明希子
齋藤 航
秋葉 舞滝子

「あなたのこだわりの○○を教えてください」の質問にエピソード付でお答えします。

SPIRAL MOON について

ーあなたの ものがたりの はじまるところー

SPIRAL MOONは演出家秋葉舞滝子を中心とする演劇ユニットです。記録と記憶の間にある距離を噛みしめるような味わいの中に、心の奥に埋もれている大切な想い、それを守り続ける勇気を繊細に描き続け、2006年愛知県芸術劇場演劇フェスティバルではグランプリを受賞しました。2015年6月には満を持して東京・大阪二都市公演敢行。初の大阪進出で笑いのツボの違いに戸惑いつつ、大盛況のうちに幕を閉じました。

はせ ひろいち | Profile

劇作家、演出家、劇団ジャブジャブサーキット代表。1960年、岐阜市生まれ。岐阜大学卒業後、新聞社勤務を経て演劇畑に。書き下ろし戯曲は110本を越す。観客との想像力共有をアテにした繊細な会話研究、知的エンターテイメントが身上。松原・若尾記念演劇賞、名古屋市芸術奨励賞など受賞多数。過去3回岸田戯曲賞の最終ノミネートに残るが受賞は逃す。現在、日本演出者協会理事、日本劇作家協会員。岐阜大学、静岡文化芸術大学、名古屋音楽大学などで非常勤講師。

秋葉 舞滝子 | Profile

演出家、女優、写真家。自身が演出・出演するユニットとしてSPIRAL MOONを設立。役者の創造力を信じ、それを最大限に引き出すことに全身全霊を注いでいる。観客の観察力や想像力に訴える創作姿勢は、ライフワークとなっているベルギー、ポーランドの教会写真-SANCTUS-シリーズにも通じている。日本演出者協会会員。

キャストへのインタビュー動画!稽古や舞台とは一味違ったキャストの表情をぜひお楽しみください。

舞台監督

茅野 史生
星 達也

照明

島田 康和(S.P.C)

音楽

羽山 尚

音響

齋藤 瑠美子

舞台美術

荒川 真央香

チラシ画

秋葉 陽子

チラシデザイン

岡村 一也

映像収録

齋藤 耕路(株式会社ユニコーン)
亀山 哲(株式会社ユニコーン)

ウェブ管理

小野坂 貴之(FunnyFace)

制作

最上 桂子
村岡 あす香(Polka Dots)
中野 知見

企画製作

SPIRAL MOON

Daddy Long Legs

小西 慶久

TICKET

前売 3,800円 / 当日 4,000円
5/13(月)10時より前売開始!

前売チケットのお申込は、下記「キャスト専用ボタン」または「通常申込ボタン」をご利用ください。
別ウィンドウで専用お申込フォームが開きます。

誠に勝手ながら、未就学児童のご入場はできませんのでご了承のほどお願い申し上げます。客室内への飲食物の持ち込みはご遠慮ください。上演中はつばの広いお帽子などはお取りくださいますようご協力をお願いいたします。

TIME TABLE

2019年6月12日(水)〜16日(日)
下北沢「劇」小劇場

開場は開演の30分前、受付開始は45分前。開演時間を過ぎますとご入場いただけない場合がございます。予めご了承ください。

劇場MAP

東京都世田谷区北沢2-6-6 TEL:03-3466-0020

>「栗原課長の秘密基地」the 41st session

「栗原課長の秘密基地」the 41st session

2019/11/20-11/24 下北沢「劇」小劇場