皆さん、ぎょす☆
鈴木裕斗です。

皆さんにはカラオケでの「十八番」
ってありますか??

カラオケに行った時の自分の
勝負曲というか、最も得意としている曲!

“オハコ”
って本来は一曲に絞るべきもの
なのかもしれませんが…
僕は昔からこれ!
と思っている曲が何曲かあったりします。

例えば…
CHEMISTRYさんの「Point of No Return」
だったり
徳永英明さんの「レイニーブルー」
だったり、はたまた
村下孝蔵さんの「踊り子」
だったり…。

自分としては、
歌に絶対の自信があるということではなく、
聴き慣れていて歌い慣れているこの曲達なら
人前でも楽しんで堂々と歌えるという意味での
オハコ、だったりします!
どの世代の方とカラオケに行くことになったとしても
その方達に「この曲良いねぇ」
って思ってもらえるのかなとも思いますし、
知っている方とは一緒に口ずさめるくらい
ポピュラーな曲でもある。
見栄を張るわけではないけど、
せっかくなら「お!コイツ分かってるー!」
と思われたい!…これって自分だけ?(笑)

何度かテイクを重ねてより良いものを
CDに収めるレコーディングなんかと違って、
そういう場での歌は当然「ナマモノ」
だからその時の自分のコンディションやノリによって、
外に生まれ出てくるものも毎回違うもので、
1つとして同じものはないわけです。
それが良い悪いということではなく、
そういった一瞬一瞬の産物を
大切にしていきたい、と今回の芝居を
通して僕は強く感じ始めています!

これが今回の舞台の稽古を通してでも感じられています!
という話は、もう少し時間が経ち
もっともっと実感を込められた時に♪

「自分は歌が上手くないからカラオケはちょっと…」
という方もいらっしゃるかもしれませんが、
自分の好きな歌を、素直な気持ちで
自由に歌う!
それだけでもうそれは素敵な世界に一つの
「作品」なのかな、なんて僕は思ったりしています!
まぁ、本来カラオケってもっと気楽に考えて良い
ものなのかもしれませんが(笑)

裕斗、自画像を自分で撮影

キャストのプロフィールやインタビュー動画など情報満載の「夜のジオラマ」特設ページはこちら!