本日のSPIRAL MOON『たましずめ』昼公演のご案内です。

本日11月12日(金)の公演は
受付開始:13時15分
開場:13時30分
開演:14時00分
です。
今般の感染症予防対策などにより、受付にて少々お時間を頂戴することがございます。
お時間に余裕を持ってお越しいただけますようお願い申し上げます。
万が一、遅れる場合はお早目にお知らせいただけますよう、重ねてお願いいたします。

【会場について】「劇」小劇場に近い改札口は
●小田急線[東口]
●井の頭線[京王中央口]
となります。
※《南西口》は若干の遠回りになりますのでご注意ください。

【受付について】
開演45分前より開始しております。
整理番号はチケットをご購入済みの方、ご予約の早い方から順に番号が振られております。
開場時間(開演の30分前)に整理番号順にお並び頂き、劇場へお入りいただく流れとなります。
開場時間にいらっしゃらなかった場合は順番が飛ばされることがございますのでお気をつけ下さい。

【上演時間について】
本公演は70分を予定してます。
途中休憩はございませんのでお手洗い等は早めにお済ませください。

【終演後について】
感染防止対策の一環として、終演後の出演者のお見送りができませんことをどうかご了承下さいませ。

【劇場内での注意】
•ご飲食は禁止とさせて頂いております。
蓋の閉まらないお飲み物は場内への持ち込みもご遠慮頂いてますので了承ください。

【下北沢駅から劇場までの道案内】
●京王井の頭線でお越しのお客様は、「中央口改札」ご利用くださいませ。
●小田急線でお越しのお客様は「東口改札」をご利用くださいませ。

右手前方に赤とピンク色の建物(オオゼキというスーパー)が見えます。そちらへ進んでください。

オオゼキの前まで来たら、右に曲がります。

右側にヴィレッジヴァンガードや本多劇場が見えます。
そのまま通り過ぎると、角に「劇」小劇場の看板が見えます。そこが劇場です。

ご来場心よりお待ち申し上げます。

本日のSPIRAL MOON『たましずめ』夜公演のご案内です。

本日11月11日(木)の公演は
受付開始:18時45分
開場:19時
開演:19時30分
です。
今般の感染症予防対策などにより、受付にて少々お時間を頂戴することがございます。
お時間に余裕を持ってお越しいただけますようお願い申し上げます。
万が一、遅れる場合はお早目にお知らせいただけますよう、重ねてお願いいたします。

【会場について】「劇」小劇場に近い改札口は
●小田急線[東口]
●井の頭線[京王中央口]
となります。
※《南西口》は若干の遠回りになりますのでご注意ください。

【受付について】
開演45分前より開始しております。
整理番号はチケットをご購入済みの方、ご予約の早い方から順に番号が振られております。
開場時間(開演の30分前)に整理番号順にお並び頂き、劇場へお入りいただく流れとなります。
開場時間にいらっしゃらなかった場合は順番が飛ばされることがございますのでお気をつけ下さい。

【上演時間について】
本公演は70分を予定してます。
途中休憩はございませんのでお手洗い等は早めにお済ませください。

【終演後について】
感染防止対策の一環として、終演後の出演者のお見送りができませんことをどうかご了承下さいませ。

【劇場内での注意】
•ご飲食は禁止とさせて頂いております。
蓋の閉まらないお飲み物は場内への持ち込みもご遠慮頂いてますので了承ください。

【下北沢駅から劇場までの道案内】
●京王井の頭線でお越しのお客様は、「中央口改札」ご利用くださいませ。
●小田急線でお越しのお客様は「東口改札」をご利用くださいませ。

右手前方に赤とピンク色の建物(オオゼキというスーパー)が見えます。そちらへ進んでください。

オオゼキの前まで来たら、右に曲がります。

右側にヴィレッジヴァンガードや本多劇場が見えます。
そのまま通り過ぎると、角に「劇」小劇場の看板が見えます。そこが劇場です。

ご来場心よりお待ち申し上げます。

本日のSPIRAL MOON『たましずめ』昼公演のご案内です。

本日11月11日(木)の公演は
受付開始:13時15分
開場:13時30分
開演:14時00分
です。
今般の感染症予防対策などにより、受付にて少々お時間を頂戴することがございます。
お時間に余裕を持ってお越しいただけますようお願い申し上げます。
万が一、遅れる場合はお早目にお知らせいただけますよう、重ねてお願いいたします。

【会場について】「劇」小劇場に近い改札口は
●小田急線[東口]
●井の頭線[京王中央口]
となります。
※《南西口》は若干の遠回りになりますのでご注意ください。

【受付について】
開演45分前より開始しております。
整理番号はチケットをご購入済みの方、ご予約の早い方から順に番号が振られております。
開場時間(開演の30分前)に整理番号順にお並び頂き、劇場へお入りいただく流れとなります。
開場時間にいらっしゃらなかった場合は順番が飛ばされることがございますのでお気をつけ下さい。

【上演時間について】
本公演は70分を予定してます。
途中休憩はございませんのでお手洗い等は早めにお済ませください。

【終演後について】
感染防止対策の一環として、終演後の出演者のお見送りができませんことをどうかご了承下さいませ。

【劇場内での注意】
•ご飲食は禁止とさせて頂いております。
蓋の閉まらないお飲み物は場内への持ち込みもご遠慮頂いてますので了承ください。

【下北沢駅から劇場までの道案内】
●京王井の頭線でお越しのお客様は、「中央口改札」ご利用くださいませ。
●小田急線でお越しのお客様は「東口改札」をご利用くださいませ。

右手前方に赤とピンク色の建物(オオゼキというスーパー)が見えます。そちらへ進んでください。

オオゼキの前まで来たら、右に曲がります。

右側にヴィレッジヴァンガードや本多劇場が見えます。
そのまま通り過ぎると、角に「劇」小劇場の看板が見えます。そこが劇場です。

ご来場心よりお待ち申し上げます。

劇場に入って、
装置や明かりや音が入って
どんどん世界が作り込まれていく、

お客様にお見せする前のこの時間が、
私はたまらなく好きなのです。

そしてお客様が入り、
見る人の思い、作り手の思いによって
物語が本物になる

どこかの誰かの人生になる。
素敵ですね。。

そして今回、ばる隊長による素敵な装飾により、
劇場入口から作品を感じれるのです。。

私のおすすめはこちら、、
ちょっとぼかして、、

さぁ、そこはどこでしょう。
探してみてね!!

それでは!会場にてお待ちしてます!!

多咲明美

私は、初舞台を踏んでからいったい何年経つんだろう…

考えると恐ろしいので、この辺はボンヤリしておきます…笑

そんな私が変わらず感動するものがあります。
それは、劇場に入ってからの風景…

装置が飾られ、明かりがそこにはいり、音が入る。
それらは稽古場での想像を遥かに超えているんです。

そこで、生きることができる幸せ…。

その幸せを噛み締めながら
お客様との時間を大切に過ごしたいのです。

写真は…
私のココロにあるイメージです。

矢治美由紀

ついに本日小屋入りとなりました! 
本番まで残すところあと僅かです!

昨日秋葉さんがおっしゃいました。
雨のマークが出てるけど2人の晴れ女パワーで
(今回座組にはもうお一方晴れ女パワーをお持ちの方がいらっしゃいます!)
搬入時は雨は降りませんと。

そして今日の搬入時見事に晴れ!
晴れ女パワーお見事!!

その後お昼過ぎ、本格的な雨が…
改めての晴れ女パワー、凄い!!!!

本番も晴れの予報です!
皆様のご来場心よりお待ちしております!

パワーで昼過ぎにずらされた雨笑

今井裕樹

秋ですね。
まもなく、本番。

なんと私、
今回初の、

ほぼすっぴんでの出演となります!!!!!

すっぴん…て
楽ですね(笑)

汗流しでも涙流しても顔は流れない!!

ワクワク、ドキドキ、
何故そうなのかは、ミテカラノオタノシミ…

寒くなってきたので、お体に気をつけてくださいね!
お待ちしてます。。

多咲 明美

もう11月に入り、本番も近づいて来ました!!

嫌でも緊張感が高まり稽古に熱が入り、身体にも疲労が溜まって来ます。

そうするとどうしても思ってしまうわけです。
「ああぁ、銭湯行きたいなぁ」と。

自分の家でお風呂入るのも好きなんですけど、銭湯にある電気風呂とサウナが大好きで、電気風呂のマッサージやストレッチでは届かない身体の中をほぐされる感覚や、サウナ入って水風呂に入った後の神経が解放される感覚がたまらないです。

銭湯を最高に楽しむ為にも、全力で駆け抜けるぞー!!

写真は僕が好きなお水です。
アルプスの天然水はちょっと甘くてさっぱりしてて飲みやすいです!
子供の時は甘すぎて苦手だったんですけど大人になると好みって変わりますね。

渡部 康大

道祖尾悠希です!

稽古もあと数日、来週水曜からいよいよ本番です!
稽古場では本番に向けて一丸となって稽古していますが、
今日、私は稽古の合間をぬって、
稽古場で縫い物作業もしてました。

私の裁縫道具箱には、
小学生の時に学校で買った裁縫道具のいくつかが現役で活躍してます!

小学生の道具には名前が書いてあるのは、世代を越えてあるあるかと思いますが…
もちろん、私の道具にも名前が(笑)

母は字が汚いからと文字を書くのを嫌がるため、たいがいは父が書いてくれてました。

父もたいして字がきれいではなく、
クセの強い字を書く人でした。
もう、13年前に亡くなってはいますが、
この日記を書くので久しぶりに父が書いた文字に出会った気がします。

そして、今回の衣装では、安物ではありますが、父が買ってくれた時計をつけて出てます♪

物語とは関係ありませんが、
『たましずめ』というタイトルに通ずるかなと。

この物語はもちろん、色んな意味でのたましずめに繋がるよう、祈りを込めて稽古頑張ります!

こんにちは、石井です。
「何故、芝居やるのか?」という問いかけに対する答えの1つとして「日常がつまらないから」というのがあるらしいです。

私ね、日常に飽きた事がないんです。
退屈だと思った事がない。
別に芝居をやってなくても、特に何もしていなくても、毎日会社に行くだけの日々だとしても…ぜんぜん退屈だと思った事がない。
毎日、大なり小なり、心を動かされる色々な事が起きるし…何というか…毎日が新鮮なんです。

なので私は芝居をやるという事に、
刺激や楽しさ、新鮮さを求めていない。

何を求めてるか…?

…何も求めてないな…

この作品に出て、この役をやってくれと言われ、承諾する。だからやる。んで、せっかくだからチョー頑張ってみる。
それだけです。
芝居をやることは私にとって、日常の延長に過ぎない気がします。

何か…めっちゃ誤解を招く様な文章になった気もしますが…
ま、いっか!
とりあえずもう少しで本番なので頑張りまーす!!!

>『物語のあるところ』

『物語のあるところ』

2020年11月10日(火)〜15日(日)下北沢「劇」小劇場