6月15日(月)から21日(日)まで、下北沢「劇」小劇場で開催するSPIRAL MOON玉手箱上映会で上映される作品を少しずつご案内します!

6月19日(金)15時開映(14時30分受付開始、14時50分開場)上映時間100分

『銀幕心中』 the 22nd session
2010年2月 下北沢「劇」小劇場
作:横田雄紀 / 演出:秋葉舞滝子
出演:牧野達哉、野村貴浩、鈴木勇太、田中新一、南雲則治、秋葉舞滝子
舞台監督:小沢真史 / 照明:南出良治 / 音楽:羽山尚 / 音響:齋藤瑠美子 / 舞台装置:星達也 / 道具:木家下一裕

ひとことメモ:
第20回下北沢演劇祭にお誘いいただき張り切って臨んだ作品です。 そのように選んでいるわけではないのですがSPIRAL MOONは和室、つまり畳の部屋の芝居が多く、それはつまり正座がついて回ると言うことなのですが、この『銀幕心中』は最初から最後までずーーーっと正座(途中でさらっと足を崩しちゃう役者もいましたが)で、稽古の洗礼はまず正座をクリアするところから始まりました。

舞台は昭和30年代の鎌倉あたり。当時の映画を見まくって言葉のイントネーションを真似したり衣裳を探したり、そんなことをしているうちは楽しかったのですが…稽古は…大変でした。大変じゃない稽古なんて無いんですが、この『銀幕心中』は本当に大変(筆舌に尽くし難い!)で稽古場の空気が暗くなり、そこでふと我に返った演出家から飛び出したのが名言「これ、コメディだから!!」です。その瞬間、役者達の体からいろいろな悪いものがふわっと抜けていきました。
物語の中で語られる映画を作ることの情熱と苦悩、それは私達が舞台の芝居を作ることと何ら変わりありません。役者達がぶつかっていた壁は、物語ではなく自分自身だったのかもしれません。100分ノンストップ。そう、人生は止められないのですよね。

同じ作品をこの短い上映会期間の中で(上演年や出演者が違うとはいえ)何故2度も流すの? それはね、好きだからです。苦しかったことも全部含めて。

ガイドラインに沿ってウィルス感染防止のため座席を各回20席限定としております。事前のご予約をお願い致します。入替制各2,000円
ご予約窓口→080−6594−1574(電話受付時間 11:00〜18:00)

劇場は各回ごとの換気、消毒をいたしますが、マスクは各自ご持参下さいますようお願い致します。また発熱等お加減の優れない方はご遠慮いただけますようお願い致します。
ご来場を心からお待ちしております!!

長らくお待たせ致しましたが、未定となっておりました6/15(金)15時からの上映作品が決定しました!

6月19日(金)15時開映(14時30分受付開始、14時50分開場)上映時間100分

第20回下北沢演劇祭参加作品
『銀幕心中』 the 22nd session
2010年2月 下北沢「劇」小劇場

です!
作品紹介はこのあと至急アップしますがまずは決定のお知らせまで。
SPIRAL MOON史に残る不朽の名作、みなさまどうぞ観映スケジュールにお加えください!

みなさまのご来場を心からお待ちしております!

6月15日(月)から21日(日)まで、下北沢「劇」小劇場で開催するSPIRAL MOON玉手箱上映会で上映される作品を少しずつご案内します!

6月19日(金)19時開映(18時30分受付開始、18時50分開場)上映時間82分

『Nacht Musik』 the 11th session
2005年12月 ザムザ阿佐谷
作:柄澤太郎 / 演出:秋葉正子
出演:最上桂子、伊崎寿克、新井菜穂、齋木亨子、河嶋政規、星達也、佐々木覚、武藤奈央子、桑島貴洋、和田和馬、秋葉正子
舞台監督:小沢真史 / 照明:南出良治 / 音楽:羽山尚 / 音響:齋藤瑠美子 / 舞台美術:田中新一 / 衣裳:真島米梨和

ひとことメモ:
とにかく鮮やかなおもちゃ箱みたいな世界にしたくて舞台美術の田中新一さん、衣裳の真島米梨和さんにお力添えいただいた作品です。
ただ、装置の高低差は稽古場では想像するしかなく、劇場に入ってから大騒ぎになりました。

そして冒頭の暗転から始まるすき焼きパーティが、今も語られる伝説となっています。だって暗闇の中から美味しそうな匂いが漂うんですよ! 舞台から客席前列へ、そして徐々に後方へと広がっていく肉の香り。お腹すいていたお客様、ごめんなさい。

このすき焼きも、もちろん食べる稽古を繰り返したわけですが…稽古のたびにちゃんとすき焼きを作っていたらいくらお金があっても足りません。なので最初は役者がそれぞれ自分の食べるもの(サンドウィッチでもカレーでもお弁当でも)を持ち寄って、次第にご飯だけ炊いておかず(缶詰とか)を持ち寄り、そして遂に稽古場で初めて実際に本物のすき焼きを作ったとき! なんでしょうね、人間の野生の本能なのでしょうか、肉の赤い色と匂いにテンション上がって雄叫びを上げる者もいたほどでした。肉、偉大なり。
ところが…本番で毎ステージ肉を食べ続けると…飽きるんです。最初は奪い合うように鍋を突いていたのに、最後は譲り合うようになっていて、演出家に「ちゃんと最高のご馳走として食べて!」とダメ出しされてました。ひどい。

ガイドラインに沿ってウィルス感染防止のため座席を各回20席限定としております。事前のご予約をお願い致します。入替制各2,000円
ご予約窓口→080−6594−1574(電話受付時間 11:00〜18:00)

劇場は各回ごとの換気、消毒をいたしますが、マスクは各自ご持参下さいますようお願い致します。また発熱等お加減の優れない方はご遠慮いただけますようお願い致します。
ご来場を心からお待ちしております!!

6月15日(月)から21日(日)まで、下北沢「劇」小劇場で開催するSPIRAL MOON玉手箱上映会で上映される作品を少しずつご案内します!

6月18日(木)19時開映(18時30分受付開始、18時50分開場)上映時間99分

『日射し』 the 17th session
2008年6月 下北沢「劇」小劇場
作:長堀博士(楽園王) / 演出:秋葉正子
出演:最上桂子、環ゆら、戸谷和恵、田中新一、山本真規子、小野坂貴之、千吉良麻恵、東俊樹、松本恭典、秋葉正子
特別出演:大畑麻衣子
舞台監督:河嶋政規 / 照明:南出良治 / 音楽:羽山尚 / 音響:齋藤瑠美子 / 舞台美術:田中新一

ひとことメモ:
客席に座ったお客様が、開演を待つ間、はて?と首を捻る姿が散見されました。それもそのはず、舞台はほぼ布で覆われて何だかわからなかったからです。
開演してもそのままの舞台で白い服を着た三人娘を中心に、まるで朗読劇のような様相。眠くなる~と思い始めたその時! 一枚一枚布がはぎ取られ、魔法のように舞台となる部屋が現れるのです。
この仕組みは稽古場でものすごく考えて考え抜いて採用したのですが、当然のことながら実際に劇場に入るまでは成功の確証は無くドキドキでした。 テストが一発でうまくいった時、演出家の目には涙が浮かんでいました。良かった…。

SPIRAL MOONのキエモノに対する執着、ここに極まれり!
いやーよく食べました。
ここまでの経験上、舞台の上で芝居をしながら飲み食いするのはしっかりと稽古が必要であることを十分知っていた演出家は、稽古の時から本気の分量を食べ続け…今回は素麺だったのですが高級素麺〇〇乃糸では飽き足らず、共演者、小野坂貴之さんのおススメ、小豆島の手延べそうめん《島の光》をお取り寄せ! これがもうほんっとうに美味しくて飽きることなくいくらでも食べられて、消費量が増えて大変でした。

そうそうこの素麺ネタ、本番でいろいろなハプニングがありました。麺つゆが薄められてないとか、素麺を茹でたまま水通ししなかったせいで全部固まっていたとか。でも素知らぬ顔で食べ続けた三人娘に拍手!なのですが、共演者に罠を仕掛けちゃいけませんよ環ゆらちゃん!

ガイドラインに沿ってウィルス感染防止のため座席を各回20席限定としております。事前のご予約をお願い致します。入替制各2,000円
ご予約窓口→080−6594−1574(電話受付時間 11:00〜18:00)

劇場は各回ごとの換気、消毒をいたしますが、マスクは各自ご持参下さいますようお願い致します。また発熱等お加減の優れない方はご遠慮いただけますようお願い致します。
ご来場を心からお待ちしております!!

6月15日(月)から21日(日)まで、下北沢「劇」小劇場で開催するSPIRAL MOON玉手箱上映会で上映される作品を少しずつご案内します!

6月18日(木)15時開映(14時30分受付開始、14時50分開場)上映時間84分

『みちかける(名古屋版)』 the 12nd session
2006年5月 愛知県芸術劇場小ホール
作:門肇 / 演出:秋葉正子
出演:最上桂子、保倉大朔、渡部将之、環ゆら、田中伸一、河嶋政規、福岡佑美子、秋葉正子
舞台監督:田中新一 / 照明:南出良治 / 音楽:羽山尚 / 音響:齋藤瑠美子

ひとことメモ:
初めての!地方公演でした。それだけでなくフェスティバル参加!
もうね、浮足だって東京を出発したわけです。スタッフ、出演者含めて車で。深夜の東名ハイウェイ、最初は元気だったんです修学旅行みたいに。でもね。明け方の名古屋についた頃にはもう、全員ボロ雑巾のようでした。朝日が眩し過ぎる…。到着翌日から本番だなんて体力の限界に挑戦ですね。

もうひとつの初めては、(少なくとも今日までの)SPIRAL MOON史上、もっとも大きな舞台でした。役者としてはそれぞれ大きな舞台に立っていたメンバーでしたが、こじんまりを美徳としていた(してない)SPIRAL MOONとしては、この広さ(舞台も客席も)をどう使うべきか相当考えて(だってアウェイだし)、舞台をかなり客席寄りに設置し、白木の柱で区切って結界を張ったようなイメージにまとめました。舞台を前面にしたせいで、舞台の後ろに真っ暗な大いなる闇が広がっているのです。これ、ここだけの話ですが実はかなり怖かったです。何かが潜んでいそうで。
同年8月に東京の下北沢「劇」小劇場で凱旋公演をする際に、この舞台の縮尺というか、距離感に出演者たちは一番惑わされていました。近っ!みたいな。

フェスティバルの企画でアフタートークがあり、東京から作家の門肇さんが駆けつけて下さいました。手土産に舟和の芋ようかんを持って。何故!?(笑)

ガイドラインに沿ってウィルス感染防止のため座席を各回20席限定としております。事前のご予約をお願い致します。入替制各2,000円
ご予約窓口→080−6594−1574(電話受付時間 11:00〜18:00)

劇場は各回ごとの換気、消毒をいたしますが、マスクは各自ご持参下さいますようお願い致します。また発熱等お加減の優れない方はご遠慮いただけますようお願い致します。
ご来場を心からお待ちしております!!

6月15日(月)から21日(日)まで、下北沢「劇」小劇場で開催するSPIRAL MOON玉手箱上映会で上映される作品を少しずつご案内します!

6月17日(水)19時開映(18時30分受付開始、18時50分開場)上映時間90分

『世界は今夜も回ってる』 the 4th session
2001年12月 ザムザ阿佐谷
作:門肇 / 演出:秋葉正子
出演:最上桂子、山﨑功、星達也、丸尾美華、佐東諒一、落合佳人、小野明子、秋葉正子
舞台監督:田中冬生 / 照明:佐久間淳子 / 音楽:羽山尚 / 音響:長堀博士

ひとことメモ:
パンクです。パンクなんですこの作品の演出意図は!初めからそのように作っていました。なのですが…
鹿の剥製に毛皮の敷物、茶色の土壁に高い天井、娯楽室にある卓球台、山奥にある古い温泉旅館の癒しの和テイストに惑わされてパンクであることをなかなかご理解いただけず…賛否両論でした…傑作なのに!(^-^;
一番喜んでいたのは旗揚げからの同志、作曲の羽山尚さん。嬉々としてパンク曲を作って下さいました。

旅館の若旦那と若女将(候補)の二人が着ている半纏(出演者、星達也さんのお母様に作っていただきました)も、あまりよく見えないかと思われますが登場人物が履いているスリッパも、ちゃんと旅館のロゴ?が入っていますし、それぞれの部屋の鍵も、花の名前を木彫り(星さんが彫刻刀で彫りました!)してあり、劇場の中はもう温泉旅館以外のなにものでもありませんでした。

ピンポンしながら台詞を喋るって、意外と大変なんです。エア卓球なんて稽古にならない!との演出家の鶴の一声で、稽古を体育館でやることに。(もちろん全部じゃないですが)遊びにきている小学生やママさん卓球クラブに交じって台詞をぶつぶつ…もとい、楽しそうに喋りながらひたすらピンポン。本番の客席はウィンブルドンの雛壇のようでした。

ガイドラインに沿ってウィルス感染防止のため座席を各回20席限定としております。事前のご予約をお願い致します。入替制各2,000円
ご予約窓口→080−6594−1574(電話受付時間 11:00〜18:00)

劇場は各回ごとの換気、消毒をいたしますが、マスクは各自ご持参下さいますようお願い致します。また発熱等お加減の優れない方はご遠慮いただけますようお願い致します。
ご来場を心からお待ちしております!!

6月15日(月)から21日(日)まで、下北沢「劇」小劇場で開催するSPIRAL MOON玉手箱上映会で上映される作品を少しずつご案内します!

6月17日(水)15時開映(14時30分受付開始、14時50分開場)上映時間99分

『サクラソウ』 the 14th session
2006年12月 ザムザ阿佐谷
作:長堀博士(楽園王) / 演出:秋葉正子
出演:最上桂子、野村貴浩、齋木亨子、新井菜穂、保倉大朔、釈八子、辻崎智哉、木内美帆、秋葉正子
舞台監督:河嶋政規 / 照明:南出良治 / 音楽:羽山尚 / 音響:齋藤瑠美子 / 舞台美術:田中新一

ひとことメモ:
古くからの盟友、楽園王の長堀博士さんに書き下ろしていただいた2作目です。(1作目はBeSeTo演劇祭参加の『読後感』) 海辺の喫茶店を舞台に、出逢いも結婚の記憶も失った妻を取り戻そうとする男性を取り巻く物語で、テーマは【長考】。

小道具とかキエモノとか卓球とか、わりといつもどうでも良いこと(「どうでもよくなんかない!それはとても本質的なことだ!」と演出家が叫んでる…)に一生懸命なSPIRAL MOONですが、今回は将棋でした。

長堀氏から受け取った台本の台詞の途中に「パチッ(駒を置く)」と書かれているんです。演出家に輪を掛けて凝り性の演出補佐、河嶋政規さんが将棋界で最も有名な大長考、青野照市九段と堀口一史七段の対局を探り当て、役者に懇切丁寧に教え込んだのですが…対局する二人ともが全くの将棋音痴で、この台詞の時にこの駒をここに動かす、みたいなひどい覚え方をしていて、間違えずに置けるか冷や汗ものでした。でもそんなわけで、劇中の対局は適当に駒を動かしているのではありません。二人の勝負はホンモノです。

あと、演出家がゲネプロ(本番同様に行う最終通し稽古)を止めることになった人生二度目の芝居でした。(初めては演出家が役者として出演していた楽園王の旗揚げ公演。演出家自身がとある事情で舞台上に組んだイントレ(鉄製パイプの組み立て式足場)の2階から落ちた時)今回は冒頭の暗転中に舞台からガシャーンというただならぬ音がして、暗闇の中から「すみませーん」という明らかに台詞ではない声が。何が起きたかまるでわからないため止むを得ず明かりを点けると…暗転中にスパゲティの皿を持って所定の位置につくはずだった出演者、保倉大朔さんが舞台中央付近に呆然と立ち尽くし、足元にはナポリタンがぶちまけられておりました。舞台に段差をつけたいなんて言い出した演出家が悪いんです。ごめんなさい。

ガイドラインに沿ってウィルス感染防止のため座席を各回20席限定としております。事前のご予約をお願い致します。入替制各2,000円
ご予約窓口→080−6594−1574(電話受付時間 11:00〜18:00)

劇場は各回ごとの換気、消毒をいたしますが、マスクは各自ご持参下さいますようお願い致します。また発熱等お加減の優れない方はご遠慮いただけますようお願い致します。
ご来場を心からお待ちしております!!

6月15日(月)から21日(日)まで、下北沢「劇」小劇場で開催するSPIRAL MOON玉手箱上映会で上映される作品を少しずつご案内します!

6月16日(火)19時開映(18時30分受付開始、18時50分開場)上映時間90分

『ウェルズ』 the 3rd session
2000年11月 ザムザ阿佐谷
作:横田雄紀 / 演出:秋葉正子
出演:最上桂子、小林奈保子、山本隆博、田代直子、小野明子、新屋信明、秋葉正子
舞台監督:with Friends / 照明:佐久間淳子 / 音楽:羽山尚 / 音響:with Friends / 舞台美術:秋葉陽子

ひとことメモ:
いやもう2000年って何年前?というほど遠い気がするSPIRAL MOON第3回公演なのですが、この作品は稽古場からずっと女子校のよう(男性出演者もいましたが!)でとてもとても楽しかったです。

劇中でラーメンと餃子をいただきますが、美味しいんです美味しいんですが…毎ステージだと…飽きます。だって舞台に登場する頃には…すっかり麺が伸びてるんですもの。しかもモグモグできるタイミングが微妙で、間違えると喋らなくてはならないのに飲み込めていなくて大変なことに。最終的には餃子の中身を裏からこっそり抜いて少なめにしてました。まだ未熟だったのですね。このあと何年も掛けて舞台の上で食べ続け、キエモノ☆マイスターとなっていくのです。

映像には全体像が映っていないのですが、劇場の高い壁いちめんに抽象画が掛かっている舞台はドキドキするような美しさで、演出家は今でも手元に小さな1枚を残していて、時々あの時間を思い出しています。

ガイドラインに沿ってウィルス感染防止のため座席を各回20席限定としております。事前のご予約をお願い致します。入替制各2,000円
ご予約窓口→080−6594−1574(電話受付時間 11:00〜18:00)

劇場は各回ごとの換気、消毒をいたしますが、マスクは各自ご持参下さいますようお願い致します。また発熱等お加減の優れない方はご遠慮いただけますようお願い致します。
ご来場を心からお待ちしております!!

6月15日(月)から21日(日)まで、下北沢「劇」小劇場で開催するSPIRAL MOON玉手箱上映会で上映される作品を少しずつご案内します!

6月16日(火)15時開映(14時30分受付開始、14時50分開場)上映時間105分

『悪魔はいる』 the 33rd session
2015年11月 下北沢「劇」小劇場
作:波田野淳紘(劇団820製作所) / 演出:秋葉舞滝子
出演:河嶋政規、大畑麻衣子、塩見陽子、環ゆら、佐々木覚、坂田周子、中根道治、渡辺幸司、森悠輔、秋葉舞滝子
舞台監督:小沢真史 / 照明:島田康和(S.P.C) / 音楽:羽山尚 / 音響:齋藤瑠美子 / 舞台美術:星達也

ひとことメモ:
前年に作家の波田野淳紘さん率いる劇団820製作所の初演への出演をきっかけに、是非ともとお願いして演出させていただきました。 それほど惚れ込んだ作品です。
廃ビルに紛れ込む避難者たちの業と迷いと情熱と。現実に紛れ込むファンタジーをどんな風にリアルに提示できるのか。薄青い狭間の世界を探す旅でした。

出演者の一人、中根道治さんは優しいナイスガイですが、稽古中に演出家に「あなたの体は情熱が足りないの!」と言い放たれ奮起し、現パリ在住でこの公演に出演するために一時帰国して下さった塩見陽子さんも稽古場で悩み苦しんだ果てに、これまで見たこともない(普段は優しくて気の利く可愛らしい女性!)恐ろしい演技をして共演者を存分にビビらせました。

ムードメーカー渡辺幸司さんが危機に瀕した人々に「みなさん落ち着いて下さい!」となだめるシーンがありますが、稽古中に一番落ち着いていなかったのが彼で、客席に背を向けているのを良いことに目を泳がせている姿に共演者はみな、そっと下を向くのでした。もちろん本番ではちゃんと現場を仕切っていました。

ガイドラインに沿ってウィルス感染防止のため座席を各回20席限定としております。事前のご予約をお願い致します。入替制各2,000円
ご予約窓口→080−6594−1574(電話受付時間 11:00〜18:00)

劇場は各回ごとの換気、消毒をいたしますが、マスクは各自ご持参下さいますようお願い致します。また発熱等お加減の優れない方はご遠慮いただけますようお願い致します。 ご来場を心からお待ちしております!!

6月15日(月)から21日(日)まで、下北沢「劇」小劇場で開催するSPIRAL MOON玉手箱上映会で上映される作品を少しずつご案内します!

6月16日(火)12時開映(11時30分受付開始、11時50分開場)
6月17日(水)12時開映(11時30分受付開始、11時50分開場)
6月18日(木)12時開映(11時30分受付開始、11時50分開場)
6月19日(金)12時開映(11時30分受付開始、11時50分開場)
6月20日(土)13時開映(12時30分受付開始、12時50分開場)
      ↑この日だけ開映時間が変わりますのでご注意下さい。
6月21日(日)12時開映(11時30分受付開始、11時50分開場)
2D上映時間 97分
VR体験時間 約20分
VR説明会 約30分(6/20(土)、6/21(日)のみ)

『トリックスター』 the 39th session
2018年11月 下北沢「劇」小劇場
作:河嶋政規 / 演出:秋葉舞滝子
出演:石井悦子、豊田真弓、小野坂貴之、河嶋政規、浅野美由希、齋藤航、平元啓、齋藤萌樹、秋葉舞滝子
照明:島田康和(S.P.C) / 音楽:羽山尚 / 音響:齋藤瑠美子 / 舞台美術:荒川真央香 / 舞台監督:茅野史生

ひとことメモ:
SPIRAL MOONがヤクザの世界!?と腰を抜かした方もいらっしゃったと思うのですが、蓋を開ければ、元レディースのおばちゃん達(設定)が弾けてましたね。稽古場でも年長者のパワーに若人たちが引っ張られていました。

ものすごい早替え(衣裳を着替える)があったのですが、楽屋で出番ではない役者達が介添えに大騒動だったようで楽しそうでした。

舞台に飾られている華やかな花の絵は出演者の石井悦子さんの画家であるお父様が描いた作品、小道具の車椅子は同じく出演者の豊田真弓さんのお母様のもので、舞台は遠くまで続くたくさんの家族に守られているようでした。

とにかくキエモノ(劇中に舞台の上で飲み食いするもの)が多くて冷蔵庫は満杯、楽屋は厨房のようでしたが、すべて美味しかったです。

ガイドラインに沿ってウィルス感染防止のため座席を各回20席限定としております。事前のご予約をお願い致します。入替制各2,000円
ご予約窓口→080−6594−1574(電話受付時間 11:00〜18:00)

劇場は各回ごとの換気、消毒をいたしますが、マスクは各自ご持参下さいますようお願い致します。また発熱等お加減の優れない方はご遠慮いただけますようお願い致します。 ご来場を心からお待ちしております!!

>SPIRAL MOON玉手箱上映会

SPIRAL MOON玉手箱上映会

2020/6/15-6/20 下北沢「劇」小劇場