「夜のジオラマ」グランドデザイン

今日の稽古場で、ある役の話をしている時に演出部より話されていた事を聴きながら、ある夜を思い出す。

15,6年前、懇意にしてもらっていた先輩と呑み屋でTVをなんとなく観ていたとき、当時頭角を表してきていたタレントさんが出ていた。
「彼の何が良いか判るか?」
明確な答えは判るはずもなく、窮していると
「引かないんだよ。どんな時も。」と。

意識して見始めると確かにそうだった。

では何故その時、僕にその事を説いたのだろう?

20代は訳もわからずただ遊んでばかりで何も学ぼうとせず過ごし、そのツケが29〜33,4の年の頃溢れだし、俳優としても男子としても人間としても全てにおいて燻り、酷い状態に陥っていた。

ホントニヒドイモノデシタ…(笑)

その頃応援してくれていた方、一緒に遊んでくれた方、ありがとうネ。。

その後、先輩はこの道を離れることになる。
その話を聞いたのは、くしくも初演「夜のジオラマ」の千秋楽翌日。
その話を電話で聞き、思わず駅で膝をついた。
リアルに膝をつくなんて本当にあるんだと、感じたりもしていたけど。

追い付きたいと思っていた人が自分の中に完全に取り込まれた時だった。

そこからかな、少し変わったのは。

本当の意味で人と関わるということを知ったときかもしれません。

時間は有限で取り戻せません。
そこが面白いのだけどね。

ではでは、「夜のジオラマ」
どうぞお楽しみにー!

野村貴浩

キャストのプロフィールやインタビュー動画など情報満載の「夜のジオラマ」特設ページはこちら!

>「夜のジオラマ」the 40th session

「夜のジオラマ」the 40th session

2019/6/12-6/16 下北沢「劇」小劇場