牧野達哉と申します。3年ぶりに参加させていただきます。

ルネサンスは、天動説から地動説へ、魔法から科学へ、神の視点から人間の視点へと、発想が大逆転された文化運動でした。
現在の「新しい生活様式」
最初の頃の戸惑いも、数ヶ月経ち少しずつ慣れ、いつのまにか「それが当たり前」に近づいていってることを否めない今日この頃です。
「考えもしなかった」のに。

芸術作品はその作品の背景が見えると価値を変化させることがあります。「物語」も、どの視点で創るか、見るかによって捉え方や楽しみ方が変わるはずで。どんなふうに共有できるか楽しみです。

写真はオススメの絵本です。
※特に意味はございません。
※今回の作品には一切関係ございません。

>SPIRAL MOON玉手箱上映会

SPIRAL MOON玉手箱上映会

2020/6/15-6/20 下北沢「劇」小劇場