花粉を手懐けられない男、鈴木コウタです。

物語のあるところ、自身の終演から1週間…
やはり時間の過ぎるのは早いもので、しみじみしてしまいます。

そしてこの1週間での世の中の流れの変化に戦慄をおぼえたり…
まぁ~大変です、全人類が大変!
そんな中でまたステージに立たせていただけて、スパイラルムーンの最大限の感染対策の甲斐あって、そういったトラブルも無くこうして公演の思い出に思いを馳せられているだけで幸せなのだと痛感致します。

今回の公演は「ことだま屋」というリーディングイベントを企画してきた自分も未知な規模の組み合わせで毎ステージお送りしておりました。
本当に演出の秋葉さんには頭が下がります(´;ω;`)
またひとつ可能性を広げていただけました。

そして出演者の皆様も、熟練の方々多く大変刺激的な稽古期間を楽しめ、稽古後の一杯などは叶わない時期ではありましたが、だからこそ短編に対するディスカッションの濃度が非常に高い現場でございました!
やはり演劇は、ひとつのステージをみんなで死力を尽くして築きあげる作業は、楽しいです。

最近では世代が上のほうに入りがちな私が年齢でいうところの下から三番目というのも新鮮でした。

さて、このような世情ではありますが、数ある老舗団体に続きスパイラルムーンもコロナ下再始動!
制約や都度のミッションはあれど、そんな中でもまた演劇に以前のような盛り上がりをみせるために、引き続き手を取り合い頑張っていきます!

とはいえ、まずは落ち着いて、安心安全な年末年始を過ごしたいものですね。

2021年は世の中、変わりましょう!
ありがとうございました!

鈴木コウタ(37)

>『物語のあるところ』

『物語のあるところ』

2020年11月10日(火)〜15日(日)下北沢「劇」小劇場